点滴医療にやさしさと安心を  
主な特徴使い方ナビ仕様一覧特徴比較

仕 様
<コンセプト/スペックの特徴>
品 名

フローサイン-2
(FLOWSIGNU)

型 式

FS-02

制御方式

チューブクランプ制御

滴下する薬液の滴数を赤外線センサーで検知し、チューブクランプの開閉で流量を制御する。

輸液方式

自然落下方式

(1)抹消静脈への輸液では、空気が静脈に入る危険性はない。
(2)輸液ラインの閉塞が確認できる。

流量
設定範囲

10〜500ml

輸液セットの点滴では、50ml/h以下の持続輸液は殆ど設定不可能。

残時間
設定範囲

液量と流量による
(6分〜290時間)

残時間表示機能は他の輸液ポンプ、シリンジポンプには無し。

液量
設定範囲

50〜3,000ml

中心静脈栄養(TPN:Total Parenteral Nutrition)を含む通常の輸液はこの範囲で可能。

流量精度

±10%

重力による陽圧を基に時間当たりの点滴筒の滴下数を制御し、輸液流量として表示している。

流量
補正機能

110%〜190%の補正

薬種により違いの有る薬滴のサイズを流量補正することで対応する。
(薬剤メーカーの指定した補正値を選択できる。)

輸液
終了機能

LEDEnd表示・報知音

・輸液がストップする。
・報知音:メロディー(子守唄)がストップボタンを押すまで続く。
・ストップボタンを続けて押すと残液の輸液流量を変更できる。
・さらに続けてスタートボタンを押すと輸液が開始する。

警報機能

・流量変化
・駆動異常
・電圧低下

各々、表示と警報ランプと報知音で知らせる。

表 示

23x34mm 液晶

バックライト機能付き。
(待機時には「常時点灯」と「5秒点灯」を切換えて使用できる)

電 源

DC3.0V

アルカリ単2乾電池:2本

連続
使用時間

約300時間

10時間使用/日で1ヶ月以上の電池寿命。

設定項目

・予定量
・流量
・輸液時間

(1)流量・輸液時間は1つのボタンで同時に設定可能。
(2)表示の横にボタンが分かりやすくレイアウト。

音量(小/大)

LCDの記号(ピクト)で[小/大]を表示。(注 *無音にはならない)

輸液セット

20滴/ml、60滴/ml

流量補正

流量の補正値を選択する。

操 作
スイッチ

電源

電源を切り忘れても、スリープ機能がはたらき電池消耗を防止する。

・アップ/ダウン
・音量
・輸液セット
・スタート
・開放

ストップ/警報止

・警報がなっている時:1度押せば警報がストップ。
・警報がなっている時:2度押せば流量がストップ。

・警報がなっていない時:1度押せば流量がストップ。(設定値の変更が可能)

予定量/(積算量)

予定量スイッチを2秒以上の長押しすると、積算量が10秒間表示される。

時間/流量

2秒以上の長押しをすると[AdJ]の表示が点滅して流量補正モードになる。(アップ/ダウンキーを押して補正値を選択する。)

表示情報

予定量/(積算量)

輸液の予定量を表示する。(積算量:電源を切るまでの輸液の積算量を表示する)

残時間

輸液の残時間を表示する。

流量

輸液の流量と補正モードで選択する補正値を表示する。

輸液セット

輸液セットの種類を表示する。

電池残量

電池の残量を電池のマークで表示する。

音量

アナウンスや警報の音量を3段階で表示する。

警報情報

異常ランプ:本体上面に装着。(病室の外からでも確認できる)

・電圧低下
・流量変化
・測定不能

・アラーム:異常⇒ピー、ピー
・アナウンス⇒ピッポー、ピッポー
・設定完了⇒ピロリロリー(3種類の音色で報知内容を分類)

外形寸法

86 x 100 x 58(mm)

手のひらで設定できるサイズ。

本体重量

約290g

・アルカリ単2乾電池:2本を含む。(本体のみ重量:170g)

付属品

取り付けアーム

本体を左右に移動可能なレール機能搭載。
⇒注入針直結タイプの輸液セットが装着しやすい設計。

・アルカリ単2乾電池:2本
・点滴筒スペーサー:2個
・取付けアーム
・取扱い説明書

残時間
補正機能

終了前から
±10%の流量で補正

2時間以上の輸液時間は終了時間の少し前から初期設定時間に近くなるように流量を
補正する。

ページの先頭に戻る