時代は、スマート輸液へ。

​より安全で、精密で、使いやすく、しかも低コストな輸液装置を。

医療現場の声に、独自の特許技術で応える輸液装置が生まれました。

FLOWSIGN 03Wが、人に優しい輸液治療の時代を拓きます。

​輸液準備 1-1

操作誘導D.png

安全。

FLOWSIGN 03Wは血管外漏出リスクの小さい自然落下制御式さらに落滴センサーと液面センサーの二つで輸液の状態をチェックする高度な安全構造輸液中に動作異常が発生した場合報知ランプの色とアラーム音で知らせます

精密。

FLOWSIGN 03Wは±10%という高い制御精度を実現しました。予定量の設定範囲は10ml~3000ml。流量の補正も1%単位の細やかさです。輸液の終了時間や、連続輸液の際に時間がズレてしまうという心配から解放されます

簡単。

 

【設定が簡単】

FLOWSIGN 03Wは、時間モード、簡単モードのいずれかを選んで設定するだけ。​​時間モードは、流量と時間を同時設定しますから、輸液時間の計算も不要。簡単モードは流量を設定するだけで輸液をスタートすることができます。

​【連続輸液が簡単】

独自のスマート・ストップ機能で、点滴筒内に薬液を残した状態で終了しますから、点滴筒の液面を上昇させるだけで連続輸液の際の新たなプライミングも不要です。

低コスト。

 

【消耗品でコストダウン】

FLOWSIGN 03Wの高いコストパフォ-マンスは、本体価格だけではなく、消耗品でも発揮されます。市販の輸液セットの大半に対応していますから、消耗品の大幅なコストダウンが可能です。

​【管理費用でコストダウン】

日常の保守点検は約3分!5区分12項目をチェックするだけで完了です。毎年の定期点検も7区分19項目、約15分。(※)圧倒的なメンテナンス性能で、保守管理費用を大幅に改善します。​

※輸液ポンプの定期点検は、4区分26項目、約180分。 (公開資料に基づき算出)