■FLOWSIGNの特長

高精度センサーと電動クレンメを連動させる制御技術が、
自然落下式輸液装置の安全性と快適性を支えます。

%E8%87%AA%E7%84%B6%E8%90%BD%E4%B8%8B%E5%
FS-03W_edited.jpg

FS-03W

FLOWSIGNは「自然落下制御式」の輸液装置です。気圧以上の陽圧がかからないため、患者様の血管に機械的な負荷がかからず、血管外漏出リスクも小さいという特長があります。

​高精度な落滴センサーが薬液の落滴速度を検知し電動クレンメと連動して、精密な輸液を実現します。FS-03Wでは、落滴センサーに加え液面センサーを採用することによって、安全性に配慮してています。

また、290gという軽量&コンパクトで完全コードレス方式なので、スタッフや患者様の動きを妨げません。精密な輸液制御で連続300時間の稼働が可能です。

「スマートストップ機能」は、自然落下式輸液装置の
安全性を高める自動停止機能です。

%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%

輸液バッグが空になり、点滴筒内の液面が低下すると液面センサーが検知。電動クレンメが作動し、点滴筒に薬液を残した状態で輸液チューブを閉塞します。

この「スマートストップ機能」の働きで、輸液終了時に空気が穿刺位置の近くにまで下がる心配がなくなり、患者様にとって安心なだけではなく、継続輸液を行なう際のプライミング作業もスムーズになります。

 
 

​災害時にも強い完全コードレス方式。

FLOWSIGNは「完全コードレス方式」。単2アルカリ電池2本で連測300時間稼働。電源供給の困難な災害時にも、輸液ポンプ並みの精密制御で安定的にご利用いただけます。血管への負担も少ない「自然落下制御式」ですから安心です。

*一般的な大気圧環境での使用を前提としています。高高度地域や水中等の特殊な環境での使用を除きます。

コードレスB.jpg

​救急車内でも確実に作動します。

FLOWSIGNは、作業環境が制限される救急車の中でも威力を発揮します。専用の吊り下げアームを使って車内のカーテンレール等への取付ければ、病室内と変わらない操作で、安全確実な輸液治療を実行することができます。

救急車1.jpg

作動の確実性については、専門機関の振動実験装置を使って実証済みです。

ストレッチャー.png

​ストレッチャーへ取り付けた状態