top of page

これが、自然落下制御式の最先端!

FLOWSIGN 101NWは、スマートホンとのリアルタイムの連携で、より安全で正確な輸液管理を支えます。 

FS-101NW

↓ ​ダウンロード

 ●承認番号 : 30100CZX000221000
 ●JANコード : 000000000000
 ●販売名 : フローサイン-101NW
101NW_edited.jpg

ファイルサイズ69.6MB

ダウンロード後、Power Pointで開くと

動画を再生できます。

輸液情報の設定・保存もリモートで可能。
スマホ連携で、輸液業務が変わります!

​●3つのスイッチで簡単操作

フロントパネルの操作スイッチは3つだけ。輸液開始後は簡単な操作で輸液業務を行うことができます。

●設定項目全部を一覧表示

大型のバックライト・ディスプレーの採用により、入力した設定値を全部一度に確認することできるので、スムーズな入力確認を可能にします。

​●輸液予約は9件まで可能

1台で9件までの輸液予約を設定プリセットすることができます。患者さんを前にしての作業は確認だけとなるので、輸液業務の負担軽減にもつながります。

輸液方式: 自然落下制御方式
残時間設定範囲: 2分~290 分
予定量設定範囲: 10mL/h~600mL/h
流量精度: ±10%
電源: アルカリ単2乾電池×2
流量補正機能: 101%~190%
医療機器承認番号: 30100CZX000221000

スマホ連携で、輸液の「いま」が見える!

A1.png
D1_edited.jpg
B1.png
D1_edited.jpg
C1.png

流量補正機能/表示

PLAYアイコン.png

補正設定は101~190%の範囲で1%ピッチ

で設定できます。薬液種の特性により予定

量と終了時間に合わせて精度の高い設定が

可能です。設定した補正値が常時、表示さ

れるようになりました。

図1.png

チューブカバーと解放ボタン

PLAYアイコン.png

チューブカバー機能と輸液セットの取り外し解放機能を1つにまとめることで、操作性と安全性をたかめました。

図2.png

(1)輸液の状態は?

時間の経過に合わせて輸液の状態
をイラストと画像の変化で確認することができます。

(2)報知の対応方法は?
各種のアラート発生時に、対応方法をイラストや動画で確認することができます。

(3)設定方法は?
該当箇所をタップするだけで、イラストと動画による分かりやすいインストラクション情報が表示されます。

スマート・ストップ機能

PLAYアイコン.png

輸液の終了が近づくと、点滴筒に輸液を残した状態で停止するスマートストップ機能も搭載しています。FSシリーズの代名詞と言っても良い、市場評価の高い機能です。

%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%

ディスプレーと報知ランプ

PLAYアイコン.png

全部の設定内容を一目で確認できる大型ディスプレーと、輸液の状況を離れたところからでも確認できる4色のLEDランプが、輸液管理業務の負担を軽減し、をよりスムーズにします。

報知ランプ1.png
赤ランプ.png
緑ランプ.png
青ランプ.png
ピンクランプ.png

​緑 : 輸液中(安定)

​青 : 輸液中(流量調整・待機中)

​ピンク : 輸液中(終了間近)

​赤 : 停止中(警報中)

3段階の電池切れ予告報知

PLAYアイコン.png

24 時間以上の長時間継続輸液、24 時間以

内の継続輸液など電池切れ予告が分かりや

すく表示されます。

3段階の報知音量調整

PLAYアイコン.png

輸液環境に合わせて報知音の音量を、大 / 中 / 弱の3段階に調整することができます。

時間モードor 簡単モード

PLAYアイコン.png

輸液時間を確認しながら入力設定できる時

間モードと、輸液バッグが空になるまで

輸液を行う簡単モードを選択することができます。

血管外漏出の早期対応

PLAYアイコン.png

血管に無理な負担がかからない自然落下制御式ですから、小さな閉塞圧の変化も敏感に検知・報知しますから、EVの危険から

早めに回避する対応が可能になります。

<血管外漏出による皮膚障害事例>

皮膚障害2.png

​発赤・痛み

​水泡

​びらん

​硬結・壊死

​高精度Wセンサー

PLAYアイコン.png

落滴センサーと液面センサーの二つで輸液の状態をチェック。輸液管理の安全性を高めます。

センサー1.png

落滴センサー

液面センサー

FLOWSIGN

充実した安心機能

PLAYアイコン.png

①スタート忘れ報知

②輸液中の初期値確認

③流量減少の報知タイミング設定

④フリーフロー対応

⑤チューブ外れ防止:チューブドア機能

⑥不慮の接触対策:電源スイッチ

低コスト / 簡単な保守管理

・安価な汎用輸液セットを使用できます。

・定期保守作業も簡単なので管理費用も低コストです。

診療報酬点数

①精密持続点滴注射加算:80点(30mL/h以下)

②注入ポンプ加算:1,250点(在宅での輸液管理)

bottom of page